寝るときにアクセスの冷え性で眠れないときの取回し

冬になるとアクセスが冷え性になってしまいます。爪先が刺々しい状態で寝てしまうと寝ているら足もとが氷ものの第六感になりそこから体の中心に向けて体温が下がってくるような感覚に襲われることがあります。

以前は湯たんぽでカバーしていたのですが仕事中もテーブルに座って仕事をしているという足もとが冷たく向かうようになってきてしまったのでこれはいけないと思い何か扱いがないかと考え始めました。

今までは裸足で寝ていたので靴下をはいて寝るようにすればいいのではないか?と思い試したのですが、結果的には靴下をはいたところで足もとは冷たく温かく陥るというものではありませんでした。

そこで寝ているら足もとを取り回すため足もとの体温をあげようと考えました。最初はアクセス指をグーパーするような行動を試したのですが効果がありませんでした。そこで寝ている時ですが、右足の親指って左足の親指を交差して起点にし回すという運動をするようにしました。

そうすると5分ほど継続して行うと足もとに熱が入って行く感覚になりました。結果的には運動して温かく始めるという事項になりますが、お布団に入った下寝ながら行動できるので、お布団をまた出て温めなおすとう事項をとらなくてよいのでうってつけでした。

5分上記継続してアクセスを動かさないといけないのが大変ですが、自分でエナジーを足もとに加えるため寝ている間温かく暮すことが出来るので心がける成果はあると思っています。またこれをすることで普段の家計も足もとが温かくなりやすくなったような気がします。冷たくて眠れないということがなくなったので良かったとしてある。ニキビケアならエクラシャルムを使ってみたい。